1. TOP
  2. ニュース
  3. LEDテープライトの寿命と劣化のサインを知って、長く美しい照明を楽しもう

LEDテープライトの寿命と劣化のサインを知って、長く美しい照明を楽しもう

LEDテープライトは、オフィスや店舗、イベントスペースなどに間接照明として取り入れることで、空間の雰囲気を一変させることができる魅力的な照明です。しかし、LEDテープライトは一度設置するとなかなか交換する機会がないため、寿命や劣化のサインに気づきにくいというデメリットもあります。LEDテープライトの寿命や劣化のサインを知っておくことで、照明の品質を保ちながら、長く美しい照明を楽しむことができます。この記事では、LEDテープライトの寿命や劣化のサインについて、詳しく解説します。

LEDテープライトの寿命はどのくらい?

LEDテープライトの寿命は、一般的には40,000時間と言われています。これは、白熱電球の40倍、蛍光灯の4~5倍の寿命です。年単位に換算すると、約8~10年と、かなり長い寿命だということがわかります。しかし、LEDテープライトの寿命は、LEDの光源だけでなく、電源や接着剤などの部品の寿命にも影響されます。また、使用環境や使用時間によっても寿命は変わります。したがって、LEDテープライトの寿命はあくまで目安であり、実際にはもっと短くなる可能性もあります。

LEDテープライトの劣化のサインとは?

LEDテープライトの劣化のサインとして、主に以下の3つが挙げられます。
・光量の低下
・色の変化
・剝がれや断線

それぞれどのような状態なのでしょうか。

光量の低下

LEDテープライトは、時間の経過とともに光量が低下します。これは、LEDの特性として避けられない現象です。光量の低下は、目に見えるほど明らかになるまでには数年かかる場合が多いですが、照明の用途によっては、光量の低下が問題になる場合もあります。例えば、商品の色や質感を際立たせるためにLEDテープライトを使用している場合、光量の低下によって商品の魅力が損なわれる可能性があります。光量の低下は、LEDの光束速維持率という指標で測定できます。光束速維持率は、LEDの初期光量に対する現在の光量の割合で表されます。一般に、光束速維持率が70%になると、LEDの寿命とみなされます。

色の変化

LEDテープライトは、時間の経過とともに色が変化します。これは、LEDの材料が異なる速度で劣化することによって起こります。色の変化は、光量の低下よりも早く現れる場合があります。色の変化は、目に見えるほど明らかになると、照明の品質や美観に大きな影響を与えます。例えば、白色のLEDテープライトが黄色っぽくなったり、赤色のLEDテープライトがオレンジ色になったりすると、照明の印象が大きく変わります。色の変化は、色ずれという指標で測定できます。色ずれは、LEDの初期色に対する現在の色のずれを表す数値です。色ずれは、デルタu’v’という単位で表されます。一般に、デルタu’v’が0.003を超えると、色の変化が目に見えるとされます。

剥がれや断線

LEDテープライトは、接着剤や配線などの部品が劣化することによって、剥がれや断線が起こる可能性があります。これは、LEDテープライトが熱や湿気、振動などの外的要因にさらされることで引き起こされます。剥がれや断線は、LEDテープライトの一部が点灯しなくなったり、全体が点灯しなくなったりするという、重大な故障につながります。剥がれや断線は、目視で確認できますが、予防することが重要です。剥がれや断線を防ぐためには、LEDテープライトの取り付け方法や場所に注意することが必要です。例えば、LEDテープライトを貼り付ける場合は、接着面を清潔にして、強力な両面テープを使用することがおすすめです。また、LEDテープライトを曲げたり引っ張ったりすると、配線が断線する可能性がありますので、注意してください。

LEDテープライトの寿命を長くする方法は?

LEDテープライトの寿命を長くするためには、以下の3つの方法が有効です。
・適切な電源を使用する
・適切な温度管理をする
・適切な点灯時間を設定する

適切な電源を使用する

LEDテープライトには、定格電圧や定格電流などの電気的な仕様があります。これらの仕様に合わせて、適切な電源を使用することが重要です。電源の選び方については、[こちら](^1^)の記事を参考にしてください。電源が不適切だと、LEDテープライトに過電流や過電圧がかかり、LEDの劣化や故障を早める可能性があります。また、電源の品質や寿命も、LEDテープライトの寿命に影響します。安価な電源は、電圧や電流の安定性が低く、故障しやすい場合があります。したがって、信頼性の高い電源を選ぶことがおすすめです。

適切な温度管理をする

LEDテープライトは、発熱することで劣化が早まります。特に、高温や低温の環境に長時間さらされると、LEDの寿命が短くなります。LEDテープライトの温度管理をするためには、以下のことに注意しましょう。

放熱性の高い素材を使用する
LEDテープライトは、放熱性の高い素材に貼り付けることで、熱を逃がすことができます。例えば、アルミニウムや鉄などの金属は、熱伝導率が高いので、放熱性に優れています。また、放熱板やアルミフラットバーなどの専用の部品を使用することも効果的です12。

空気の流れを確保する

LEDテープライトは、空気の流れがある場所に設置することで、熱を冷やすことができます。例えば、天井や壁などの平面に貼り付けるよりも、コーナーやエッジなどの角に貼り付ける方が、空気の流れが良くなります。また、LEDテープライトを密閉したり、重ねたりすると、熱がこもってしまうので、避けましょう。

温度の変化に注意する

LEDテープライトは、温度の変化に弱いです。温度の変化が激しい場所に設置すると、LEDテープライトの部品が収縮したり膨張したりして、劣化や故障の原因になります。例えば、屋外や水回りなどの場所は、温度の変化が大きいので、注意が必要です。防水性や耐熱性の高いLEDテープライトを選ぶことがおすすめです。

適切な電源を使用する

LEDテープライトは、点灯時間が長いほど劣化が早まります。特に、24時間連続で点灯させると、LEDの寿命が半分になると言われています。LEDテープライトの点灯時間を設定するためには、以下のことに注意しましょう。

タイマーを使用する

LEDテープライトには、タイマー機能を備えたコントローラーが付属している場合があります。タイマー機能を使用することで、LEDテープライトの点灯時間を自動的に制御することができます。例えば、夜間や休日などの必要のない時間帯には、LEDテープライトを消灯させることで、劣化を防ぐことができます。

明るさを調整する

LEDテープライトには、明るさを調整できるコントローラーが付属している場合があります。明るさを調整することで、LEDテープライトの電力消費を抑えることができます。例えば、昼間や照明の十分な場所では、LEDテープライトの明るさを低く設定することで、劣化を防ぐことができます。

LEDテープライトの寿命や劣化のサインを見逃さないためには?

LEDテープライトの寿命や劣化のサインを見逃さないためには、定期的に点検やメンテナンスを行うことが重要です。点検やメンテナンスを行うことで、LEDテープライトの状態を把握し、問題があれば早期に対処することができます。点検やメンテナンスを行う際には、以下のことに注意しましょう。

光量や色の変化をチェックする

LEDテープライトの光量や色の変化は、目視で確認することができます。しかし、光量や色の変化は、徐々に起こるので、日常的に使用していると気づきにくい場合があります。そこで、LEDテープライトの光量や色の変化をチェックするためには、以下の方法が有効です。

比較する

LEDテープライトの光量や色の変化をチェックするためには、比較することが重要です。例えば、LEDテープライトの初期の状態を写真や動画で記録しておき、定期的に比較することで、光量や色の変化を見つけることができます。また、同じ種類の新しいLEDテープライトと比較することも効果的です。

測定する

LEDテープライトの光量や色の変化をチェックするためには、測定することも有効です。例えば、ルクスメーターやカラーメーターなどの測定器具を使用することで、LEDテープライトの光量や色の数値を測定することができます。測定した数値を記録しておき、定期的に比較することで、光量や色の変化を見つけることができます。

剥がれや断線をチェックする

LEDテープライトの剥がれや断線は、目視で確認することができます。しかし、剥がれや断線は、LEDテープライトの一部が点灯しなくなったり、全体が点灯しなくなったりするという、重大な故障につながる場合があります。そこで、LEDテープライトの剥がれや断線をチェックするためには、以下の方法が有効です。

触る

LEDテープライトの剥がれや断線をチェックするためには、触ることが重要です。例えば、LEDテープライトを貼り付けた場所に手をかざして、空気の流れや温度を感じることで、剥がれや断線の可能性がある箇所を見つけることができます。また、LEDテープライトを軽く押したり引っ張ったりすることで、剥がれや断線の可能性がある箇所を見つけることができます。ただし、電源を切ってから行うことが必要です。

動かす

LEDテープライトの剥がれや断線をチェックするためには、動かすことも有効です。例えば、LEDテープライトを少しずつ動かして、点灯状態を確認することで、剥がれや断線の可能性がある箇所を見つけることができます。また、LEDテープライトを曲げたりねじったりすることで、剥がれや断線の可能性がある箇所を見つけることができます。ただし、電源を切ってから行うことが必要です。

LEDテープライトの寿命や劣化のサインに気づいたらどうする?

LEDテープライトの寿命や劣化のサインに気づいたら、早めに対処することが重要です。対処の方法は、LEDテープライトの状態や原因によって異なりますが、基本的には以下の方法があります。

交換する

LEDテープライトの寿命や劣化のサインに気づいたら、交換することが最も確実な対処方法です。交換することで、LEDテープライトの品質や美観を回復することができます。交換する際には、以下のことに注意しましょう。

同じ種類のLEDテープライトを選ぶ

LEDテープライトには、幅や芯数、色や明るさ、防水性や耐熱性など、さまざまな種類があります。交換する際には、元のLEDテープライトと同じ種類のものを選ぶことが重要です。異なる種類のLEDテープライトを混在させると、光量や色のバランスが崩れたり、電気的なトラブルが起こったりする可能性があります。

交換する部分を切り出す

LEDテープライトは、カットできる箇所が決まっています。交換する部分を切り出す際には、必ずカットラインに沿って切るようにしてください。カットライン以外の場所で切ると、LEDテープライトが点灯しなくなったり、故障したりする可能性があります。また、切り出した部分の端には、収縮チューブやテープなどで保護してください。

交換する部分をつなぐ

LEDテープライトの交換する部分をつなぐ方法は、主に2つあります。一つは、コネクターを使う方法です。コネクターを使うと、はんだ付けが不要で、簡単に連結できます。ただし、接触不良の可能性がありますので、しっかりと固定することが重要です。もう一つは、はんだ付けをする方法です。はんだ付けをすると、接触不良が起こりにくく、安定した連結ができます。ただし、はんだ付けには技術が必要ですし、熱によってLEDテープライトが傷つく可能性もありますので、慎重に行ってください。

修理する

LEDテープライトの寿命や劣化のサインに気づいたら、修理することもできます。修理することで、LEDテープライトの交換にかかる費用や手間を節約することができます。修理する際には、以下のことに注意しましょう。

修理できる部分を確認する

LEDテープライトの修理できる部分は、主にLEDの光源や電源、接続部などです。これらの部分が故障している場合は、専用の補修キットや交換部品を使用して修理することができます。しかし、LEDテープライトの基板や配線が損傷している場合は、修理が難しい場合があります。その場合は、交換することをおすすめします。

修理の方法を調べる

LEDテープライトの修理の方法は、故障の原因や部分によって異なります。修理の方法を調べるためには、LEDテープライトの仕様書や取扱説明書、メーカーのサポートサイトなどを参照することが有効です。また、こちらの動画なども参考になります。修理の方法がわからない場合は、専門家に相談することもできます。

電源を切る

LEDテープライトの修理を行う前には、必ず電源を切ることを忘れないでください。電源が入ったまま修理を行うと、感電や火災の危険があります。また、電源を切るだけでなく、コンセントやアダプターなども抜いておくことがおすすめです。

安全な場所で行う

LEDテープライトの修理を行う場所は、安全で清潔な場所にすることが重要です。水や湿気、埃やゴミなどがある場所では、LEDテープライトの故障やショートの原因になる可能性があります。また、小さな部品やハンダなどが飛び散らないように、周囲に注意してください。

正しい道具を使用する

LEDテープライトの修理を行う道具は、正しいものを使用することが重要です。例えば、ハンダ付けを行う場合は、ハンダごてやハンダ、収縮チューブなどを用意することが必要です。また、ハンダごての温度やハンダの量などにも注意してください。適切でない道具や方法を使用すると、LEDテープライトを傷めたり、故障を悪化させたりする可能性があります。

予防する

LEDテープライトの寿命や劣化のサインに気づいたら、予防することもできます。予防することで、LEDテープライトの寿命を延ばしたり、劣化を遅らせたりすることができます。予防する方法は、以下の3つが有効です。

適切な電源を使用する

LEDテープライトには、定格電圧や定格電流などの電気的な仕様があります。これらの仕様に合わせて、適切な電源を使用することが重要です。電源が不適切だと、LEDテープライトに過電流や過電圧がかかり、LEDの劣化や故障を早める可能性があります。

適切な温度管理をする

LEDテープライトは、発熱することで劣化が早まります。特に、高温や低温の環境に長時間さらされると、LEDの寿命が短くなります。

適切な点灯時間を設定する

LEDテープライトは、点灯時間が長いほど劣化が早まります。特に、24時間連続で点灯させると、LEDの寿命が半分になると言われています。

まとめ

LEDテープライトは、オフィスや店舗、イベントスペースなどに間接照明として取り入れることで、空間の雰囲気を一変させることができる魅力的な照明です。しかし、LEDテープライトは一度設置するとなかなか交換する機会がないため、寿命や劣化のサインに気づきにくいというデメリットもあります。この記事では、LEDテープライトの寿命や劣化のサインについて、詳しく解説しました。LEDテープライトの寿命や劣化のサインを知っておくことで、照明の品質を保ちながら、長く美しい照明を楽しむことができます。また、LEDテープライトの寿命や劣化のサインに気づいたら、早めに対処することが重要です。対処の方法としては、交換することが最も確実ですが、適切な電源や温度管理、定期的な点検やメンテナンスなどで、LEDテープライトの寿命を長くすることもできます。

お問い合わせ

テープライトについてのご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る
Loading...
LEDテープライトの明るさ調整
2024.03.18
賃貸オフィスの照明革命、LEDテープライトで作る新しい働き方
LEDテープライトを延長・連結する方法について
2024.02.19
LEDテープライトの寿命と劣化のサインを知って、長く美しい照明を楽しもう